HAGY 近日発売予定

HOME > よくあるご質問 > 普通の真空容器とどこが違いますか?

普通の真空容器とどこが違いますか?

ポンプ式真空保存パック「ハジーパック」は「脱気」と「減圧」を行うことで、容器内に空気および空気に含まれる酸素、湿気をほとんどゼロにします。

一般的な「真空容器」はハードケースを使い、空気を多少抜き「減圧」する程度で本来の真空にはほど遠い状態です。容器内の空気を完全に抜く「脱気」を行いません。

JIS(日本工業規格)では「周囲の気圧(大気圧)よりも低い状態」を「真空」と定義しているため、空気がたっぷり残っている状態でも多少気圧が低ければ「真空」と呼ぶことができるのです。

しかし実際には空気が残り、気圧も十分低い状態になっていません。

ハジーパックはソフトなフィルムバッグを使っているため、空気を追い出す「脱気」が可能です。フィルムバッグが中に入れた粒・粉に完全にフィットするため周囲に空気が残りません。

これによりほとんどの酸素、湿気(水分)が容器内からなくなります。

PAGE TOP